前の記事 » 
次の記事 » 

トイレの壁紙(クロス)をオシャレに張替えたいなら! in福岡

  公開日:2010/11/20

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

通常は、トイレや洗面所 あるいは脱衣場の壁には
柄物の壁紙(クロス)が張られている事がほとんどですね。

これには理由があって

お客様は皆さんそれぞれ当然の様に個性があります。(私にもあります)
要は好き嫌いですね。

いま現在の流れとしては
玄関から廊下・リビング・洋間・寝室・・子ども部屋から、それこそ
水廻りまで全部一色の白系クロス(壁紙)が張られている事がほとんどです。

それが
天井と壁同じ壁紙(クロス)で施工されています。

いわゆる無地のクロス。

新築のマンションのショールームなどに行くとよ~く
分かるとおもいますよ。

タダ違うとすれば、和室がちょっと和室らしいクロスを張っていると言う事くらい。


何故一色しか無いのか


この理由はいくつかあります。

まずは、先ほども書きましたが
お客様は個性がありますから、下手にデザインをしてしまって
色んな壁紙(クロス)を部屋ごとにコンセプトをわけて色々なガラのクロス(壁紙)で張り分けてしまうと

「自分の好みの空間じゃないな~」って
それだけで、お客様はその物件を購入しなくなってしまったりします。

怖いです~。

それならと言う事で
誰にでも共通して当たり障りないようにする為には
壁紙は「白」が良いだろうと言う事で白系の壁紙(クロス)が多いのです。

「壁や天井が白だと広く見えますからね~」なんて言ってますが
本音はそうでは無い様な気がします(笑)

しかし
これはほんと仕方無いことです。

よほどターゲットを絞ったデザイナーズマンションなんかの物件ならまだ分かりますが
万人に見せるならこの方法しかないのでは無いでしょうか。

トイレのクロスは思い切って遊びましょう!!


新築のクロス張り工事に携わる時に良く私がお客様に言う事は
トイレくらい遊びませんか??です。


家が建っている間、お客様はクロスの張り方を、どんな感じにしてやろうか・・・この部屋はこの壁紙で~・・・なんて
色々と作戦を練っています(笑)

しかし、、、、


いざ、その時がくると
「やっぱり白系が当たり障り無くていいね」って言って白系に落ち着くパターンが95%。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

分かります。

家を建てると、当然お客様が来客しますしお招きもしますよね。
その時の事を考えてしまうのです。

そう、、

自分の好みを皆さんにさらけ出すのが怖くなってしまうのです。

これも良く理解出来ます。
だれもオシャレな人だな~って思われたいですが

オシャレなひとでは無いね~なんて思われたくは無いですよね。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

だから皆さん無難に収めてしまうのです。(分かります)

皆さん、本当はいろいろとやって見たいのは山々なんです。
でも出来ないんです。

だったら、、、だったら

せめて水廻り・・・・トイレ、脱衣場(洗面所)でも
思い切って遊んでみましょうよ!!って言うんです。

こういった流れがある上で
だから日本の水廻りは柄物が多いのでは無いでしょうか。


水廻りこそ機能性壁紙(クロス)を使いましょう!!


■トイレ・・・・・ニオイがします(溜まります)

■脱衣場(洗面所)・・・・・・湿気やニオイが溜まります。(カビクサイニオイもします)



いつもいつも住んで居る自分たちなら
慣れてしまって気がつかなくなっていますが、お客さんがトイレを使った時に
「クサイ」って思われたくないですよね。

どうせなら、「カッコイイ、オシャレなトイレですね~」っていわれたいですよね。

良いんです!!
トイレくらい自分の好みを発揮して(笑)


オススメの壁紙


【メーカー別】

■サンゲツ・・・・・・・・・ルームエアー機能

■ルノン・・・・・・・・・・空気を洗う壁紙

■トキワ産業・・・・・・光触媒機能 ※光で汚れやニオイを分解します(スゴイです)
            抗菌クロス(トイレにオススメ)



思いっきりオシャレな空間にしてしまいましょう!!





同じカテゴリの記事を読む   クロス張替え  

壁紙やクロス、壁穴のことはMyクロス福岡へお任せ下さい!!

内装工事、リフォームの詳細はこちら(公式HPへ)

空気もキレイにするエコカラットはこちら

無料相談0120-713-504(ないそう こうじ)
※受付時間:月~日 8時~20時

お問い合わせの際は「MYクロス福岡を見て」とお伝えください

サブコンテンツ

このページの先頭へ