前の記事 » 
次の記事 » 

住宅版エコポイント間もなく終了します。二重窓工事の申請はお早めに!in福岡

  公開日:2011/07/08
最終更新日:2012/12/13

※この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

今月 7月20日に住宅版エコポイントがついに、当初計画していた期日より、5ヶ月も早く前倒しで予算を使い切り終了いたします。

詳しくはこちらからご確認ください →  住宅エコポイント終了


今年の秋から新ポイント制度導入


国の予想をはるかに上回るペースで申請されてきた住宅版エコポイントでしたが、これに代わる新ポイント制度が国土交通省によって、今年の秋をめどに導入されそうです。


【一部新聞記事抜粋】

国土交通省は今秋にも、個人が住宅をリフォーム(改修)する際商品券などと交換できる新住宅ポイント制度を導入する検討に入った。現在ある住宅エコポイントは7月に打ち切る予定の為、新たな住宅市場の活性と消費喚起が必要と判断した。


新エコポイント制度は対象を省エネ化の改修に限定しないとしている
早ければ第二次補正予算に盛りもむ考え。


壁紙張替にも適用


検討しているのは、住宅改修工事に応じて消費者がポイントをもらえる新制度!
省エネ化に限定せず、壁紙張替やシステムキッチンの導入など一般的な改修工事でも、費用の5%前後のポイントを付け1ポイントあたり1円分の商品券などと交換できる予定


 省エネ工事にはさらに特典があります


壁に断熱材を入れたり、太陽光発電を導入したりする省エネ化工事や、階段に手すりを付けるなどのバリアフリー工事、耐震改修の場合はポイントをさらに加算することを検討しているそうです。


今ある住宅の機能向上を後押しする 「 住宅エコポイント 」は予想以上に多かったという認識の様です。


残念ながら、今月で住宅版エコポイン制度は終わってしまいますが、今後の省エネ化に対する動きはますます活発になることが予想される為、太陽光発電を始めエコな動きに対しての恩恵はキットもっともっと伸びてくる事が予想されます。


太陽光発電は今現在、一般のご家庭に設置するに当たり大体約200万円くらいのお金が必要です。


何年か先、この太陽光発電は当たり前の世界になってくるエネルギーだと私は確信しています。国の見解では、2030年を目標として、太陽光発電システムのコストを今の6分の1程度に抑えるといっています、。


これは現在の原子力発電のコストに匹敵する計算だそうですので、もし、、、、この日本中の住宅の屋根に太陽光発電システムが設置されたとしたら、、、、キットスゴイ事になるでしょう。


私は、太陽光発電システムは省エネ化ではありますが、自然のエネルギーを利用していますので、エネルギーを創る 「創エネ」だと思います。
しかも太陽光発電システムのパネルを生産する時に発生するごみやCO2は当然でてきますが、これも将来創エネで賄えるかもしれません。


だから、どんどん普及していくべきなのです。

別に注目されている風力発電も太陽光発電もそれぞれ一長一短ありますがそれぞれバランスよく融合していけばキット、、良い結果が世界中に持たされると思います。


太陽光発電システム導入のコスト補助の為の助成金もまだまだ期待できますので、新築改修増築関係なく、今後視野に入れてみてはいかがでしょうか。


福岡で太陽光発電システムをお考えなら、三菱太陽光発電システム施工IDを取得している、福岡内装センターにお任せください!
福岡内装センターの三菱太陽光システム施工なら10年無料保証で対応していますので安心施工です!!

同じカテゴリの記事を読む   太陽光発電システム  

マンションや店舗のリフォーム
内装専門の福岡内装センターへお任せ下さい!!

内装工事、リフォームの詳細はこちら(公式HPへ)

空気もキレイにするエコカラットはこちら

飲食店の新規開店・内装工事やデザインならこちら

無料相談0120-713-504(ないそう こうじ)
※受付時間:月~日 8時~20時

お問い合わせの際は「ブログを見て」とお伝えください

サブコンテンツ

このページの先頭へ