前の記事 » 
次の記事 » 

壁紙クロス張替え料金について

公開日:2022/03/07

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

壁紙張替え料金先日、見積もりに伺った家の方からクロス張替え料金についての質問を頂きましたので皆さんにも共有してもらおうと思って
ここに書いていきますね。





他の会社と数量の表記が違っているんですけど

この方、他県から福岡へ移住するために
中古マンションを購入したため、クロスを張り替えようと
福岡内装センターへお問合せ頂きました。

実際に現場へ伺い、ご希望を聞きながら
工事対象の壁を実測していきます。

既にこの方は、好みの壁紙も決めていらっしゃったので
その品番を控えて、事務所へ帰り見積もりを算出という流れ。



ご指定頂いたクロスは数種類あったので
それぞれ、どんな柄なのかを調べていると

そのほとんどが柄物クロスだったんですよね。

柄物クロス=柄合わせが必要になってきます。

例えば、高さ2mの壁だったとすると
無地の壁紙なら、2mにプラス切り代を足して2m5cm程度でOKですが

柄合わせが必要な壁紙の場合
そういうわけには行かないのです。

一枚目を貼った後は、その柄に合わせて
2枚目以降は先に張った壁紙の柄とこれから貼る壁紙の柄が会うように
材料にのりを付けていくのです。


壁紙の柄合わせを図にしました



クロス柄リピート
赤いラインが柄合わせの位置です。
実際の高さよりも、柄合わせが必要な分
無地クロスよりも余計に材料を必要とするので、
柄物クロスを選んだ場合は金額が高くなるのは当然なのです。
しかし、この方はその理屈までを理解していないため
実際の平米数と私が提出した数量が違うじゃないかと言ってきました。

言ってきたと言っても実際はメールです。

なので
なるべくわかりやすい様にと思って
文章で書いてメールしたのです。

そのやり取りの内容がコチラ

見積もり依頼主のメール
 福岡内装センター倉石 様
ご連絡ありがとうございます。
見積書確認しましたが、
単位1m個数91は合っていますでしょうか?
○○で取った見積書では63.64㎡(さらに今日の打ち合わせで洋室1の面積が8㎡ほど減る)でしたが…
ご確認のほど、よろしくお願い致します。 

こちらの質問に対して
私からこうお返しいたしました。

私が実際に実測した数量ですので
間違いないです。
そして、メーター表記にしております理由は
今回選択されている壁紙は
大体全て柄合わせが必要な材料の為
柄合わせによる材料ロス分が加算されている為です。
指定される壁を貼るために必要になる壁紙の数量が
無地よりも柄物の方がたくさんメーター数が
必要になると言う事です。
さらに申し上げますと
(他社)は実際に現場にはいらっしゃることが出来ない状態で,おそらく(見積依頼主)様からの
平米数と写真のみの情報から算出されたのではないかと思います。
そのため、今回の私のような実際に、
見積もりに来た会社が出す数量との差異が発生するのです。
また、私以外の会社に依頼したとすると
また違った算出の仕方になり、金額も私より高かったり安かったりするはずです。
  
続きはありますが、後の文章は今回の件とは関連性がないので
削除いたします。

どれだけ伝わったか不安でしたが
その後の返信では、細かく教えて頂いてありがとうございましたと
ご丁寧にお礼のメールを頂きました。

良かったです。

この様に、専門の知識が無いまま
ただの平米単価が安いから、高いからだけを
判断基準とするのはナンセンスだと思います。
Myクロス福岡では、決して安さを売りにはしていません。

もし、色んな会社に見積もり依頼してMyクロス福岡が一番安かったのなら
それはMyクロス福岡が激安だったわけでは有りませんよ。



輸入壁紙張替えうちは適正価格適正利益を信条としてますから、価格よりも最後は「倉石さんに依頼してよかったよ」って言ってもらいたいためだけに、やっているって言っても過言では無いんですよね(笑)それくらい正直に経営しているつもりです。





壁紙張替えのお問合せをする前に

Myクロス福岡に見積もり依頼をして見ようと思って頂いた方は
ぜひ、その前に公式ホームページに詳細を書いていますので
そちらを見てからお問合せください。

☞事例なども紹介している福岡内装センターの公式ホームページはコチラ

 


同じカテゴリの記事を読む   クロス張替え  

壁紙やクロス、壁穴のことはMyクロス福岡へお任せ下さい!!

内装工事、リフォームの詳細はこちら(公式HPへ)

空気もキレイにするエコカラットはこちら

無料相談0120-713-504(ないそう こうじ)
※受付時間:月~日 8時~20時

お問い合わせの際は「MYクロス福岡を見て」とお伝えください

サブコンテンツ

このページの先頭へ